レプロナイザーは柔らかめ。 ヘアビューザーは硬めの仕上がり。

↓今日からレプロナイザーでツヤツヤの髪を手に入れよう。


 

レプロナイザー ・ヘアビューザーの仕上と効果に違いはあるのか??

前期モデルのヘアビューザーは風が弱い分、
熱が高く設定されています。

その分
熱風で乾かした髪の仕上りの風合いは、
レプロナイザに比べると、
少し固めに感じるかもしれません。

逆にレプロナイザーは、
風が強めである代わりに、熱が少し低めに設定されています。

ですので、
熱風のみでの髪の仕上がりはヘアビューザよりも少し柔らかめに感じます。

●冷風を使うと最終的な仕上がりは、結局あまり変わらない程度の違い。

冷風を使用すると、結局は最終的な仕上がりがあまり変わらない。

ヘアビューザー、レブロナイザーともに、冷風モードがありますが、

両者ともに熱風で乾かしたあとに、
冷風をかけてあげる事で、
不思議な事に、サラサラとした柔らかい仕上がりに変化していきます。

ですので、

最後に冷風を使用する前提でしたら、

毎日現場でドライヤーを使用している、
僕たち美容師でもない限り、
一般の方が
そこまで極端な違いを感じる事は、逆に難しいかもしれませんね。

あくまで個人的な意見としてではありますが、

一般の方々自宅で使用するのであれば、
髪の仕上がりの風合いはそこまで気にしなくてもいい気がします。

どうしても、
最後に冷風を使うのはめんどくさい、
熱風でバーっと乾かしただけで仕上げたい。

そういった方は、以下の違いを把握して選んであげるといいかもしれません。

●ヘアビューザーで熱風の仕上がり

熱風でもしっとり、ハリコシがある乾き具合。

●レプロナイザーで熱風の仕上がり

やはり熱風でもしっとり、
同じ時間使用したと仮定すると、ハリコシ感はヘアビューザの方が上。
ただし、
乾いてからも熱風をあてつづける事で、どんどんハリコシがでてくる。

家庭で使用する場合は、
髪を乾かすという行為は毎日の事なので、
いつまでもドライヤーの熱をあて続ける事は面倒になるかもしれません、

●早めのハリコシ感でヘアビューザー??
●風量が強く、早く乾くレプロナイザーか??

ハリコし重視の方は、
ヘアビューザーだと乾きが少し遅い。
レプロナイザーは早く乾くけど、
最後に熱風をしつこく当てるといった事で、ハリコしに関してはワンランク上の仕上がりにすることができますが、

となると、

ハリコシが必要な方にとっては、最終的な、乾かす為に必要な時間はどちらもあまり変わらないという結論のようです。


正規代理店はこちら↓


  • コメント: 0

関連記事

  1. 【動画解説多数】「レプロナイザーでツヤとまとまりをレベルアップさせる乾…

  2. 【お客様からの御意見】収納場所・インテリアについて

  3. ドライヤーは早く乾く事が一番というあなたはヘアビューザーよりもレプロナ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP